セントラルアイランドデンタルオフィス > 2017 > 6月

診療時間
医院案内
map

〒101-0052

東京都千代田区神田小川町3-24-1

カスタリアお茶の水1階

TEL:03-3292-0740
小川町駅・御茶ノ水駅・新御茶ノ水駅・神保町駅から徒歩5~8分

詳細地図へ >>

セントラルアイランドデンタルオフィス

ごきげんよう!!

2017年06月05日 1:12 PM

お茶の水、神保町界隈の皆さま、いかがお過ごしですか。

ごきげんよう。
最近、晴れて「アラフィフ」仲間入りを果たしました、おばちゃん歯医者ナカシマでございます。

空模様がそろそろ梅雨かな?となりました。
ジメジメを吹き飛ばす!!べく
本日は、まずは爽やかなご挨拶を心がけてみました。

皆さま、ご機嫌いかがですか?

さてさて、いよいよ六月!!
歯医者月間!!。歯と口腔の衛生週間!!(元虫歯予防デー)ですね。

昨日の夕方のサザエさん。
お茶の間の背景には紫陽花。そして「歯医者」が出てきましたね~。
さすがにいつも絶妙な季節感です。
フネさんと「歯が痛いから歯医者へ」と、タラちゃんへひと芝居。そしてマスオさんとデートを楽しむサザエさん。

単なる口実であれど、歯医者が「楽しみ」のきっかけに、なっている。
おばちゃん歯医者ナカシマは、すごーくうれしかった^。^!、ハッピーだった^。^!。
「歯医者」って、恐怖の館。もはや忌み言葉の時もありますから。
たとえ嘘でも、楽しい話題の一端になるのは、すごーくうれしいのです。

私の仕事は、歯を削ったり、抜いたり、歯ぐきを切ったり・・・
そんなんですけど。
いつもそれは「手段」にと考えているんです。

私たちの目的は、「皆さまの健康で快適な生活」のお手伝いをすること。
歯科医院がその「きっかけの空間」になればなあと、それが真の思いだったりするんです。

「痛くない」「怖くない」「丁寧」「親切」・・・。
ぜ~んぶやって当たり前のこと。だから、私たちは、敢えてこれらは目指さない。
この診療所を開業するとき、私はそう考えました。
そんな当たり前に目標設定しては、人様へ尽力はできない。何かに寄与することなんてできない。

私たち、おばちゃん歯医者ナカシマと仲間たちは、皆さんのサポーターになりたいです。
歯科医療という、私たちの持つ「手段」により、ハッピーなきっかけになれれば幸甚です。
そしてこの診療所がきっかけの「空間」なれれば幸いです。

痛い、辛いはもちろん!!
これ嫌だ!!、なんか気になる・・・
なんでもどうぞ。
セントラルアイランドデンタルオフィスは、皆さまのお口のコンシェルジェです。







   

カテゴリー: ブログ
admin @

歯周病は、困ったものだ!!

2017年06月05日 12:34 PM

罹患率80%

あ~恐ろしいですね。
「かかっている人の方が多い!!!」
なんて困った話でしょうか。

それが歯周病なんですね・・・。

しかも!!
腫れたり、痛んだり、ぐらぐらになったり・・・
ようやく自覚症状が出たころは、末期に近いという・・・。

立派な感染症ですから、うつりますしね。
原因菌があっての感染症なんですが、この「病原菌」が一方では「常在菌」であったりして!!
またまた、その菌たちも、生き延びるために、「要塞マンション」のような構造体を作り、立派なコミュニティーを形成してたりします。

この時代、普通の感染症ならば、ぴったりの「抗生剤」や「抗ウィルス剤」などを用いれば、OK!!なんですけど。
憎き歯周病。菌そのものに有効な抗生剤や殺菌薬は存在するものの、それによる治癒は見込めない・・・。
そうゆう厚かましい存在です。
これが、世界基準の歯周病に対する見解です。
(※注 日本では、薬剤による「除菌療法」が一部に。しかしながら「アジアのどっかの国では、薬で歯周病が治っちゃうらしいよ~」と、世界的に信頼ある歯周病の学会誌で、馬鹿にされたこともあるんです。まあ、その話は、またいつか。)

結局、うまく共存させるために、要塞マンションを定期的に破壊して、管理下に置く!!
これが、一番の方法だ!!と、なっております。
すなわち、治療の後は、3~4か月のメインテナンス^。^!ってことですね。

面倒!!
たかが歯だし、そこまでやんなくても!!
体全体や、命にかかわらないしさ~!!
そうおっしゃる声が、聞こえてくるような気が・・・。

確かにそうですね。
面倒!!、忙しいし・・、そこまでやんなくても!!
そのお気持ち、よ~くわかります。

でもこの歯周病、リサーチされればされるほど、全身や命への「ヤバイ関係」が明らかに!!。その証拠が続々と示されているのです。
心筋梗塞、脳梗塞、肺炎、糖尿病、早産、肺炎、などなど・・・。キツイですね。
致命的な疾患ばかりです。

歯周病を治療してコントロールすれば、上記の病気にはならない!!とは言いません。
でも、歯周病が「悪さ」をしていることは事実。
イチ歯医者、イチおばちゃんの立場として、なんとかせなば!!。
そう思います。

とにかく行こう!!
歯科行こう!!
ウチの歯科医院でなくっても!!
お口の中をキレイにすることは、良いことだらけですよ。

ここ、千代田区小川町、神保町・お茶の水エリアの歯科医院より、真心を込めて。
おばちゃん歯医者と仲間たちは、「カモ~ン^。^」とお声がけいたします。

皆さまの健康で快適な生活へ、そのきっかけの空間でありますように。




   

カテゴリー: ブログ
admin @

デンタスリム

2017年06月01日 1:30 PM

歯科適応の脂肪溶解注射、「デンタスリム」。
診療開始いたしました。

恥ずかしながら・・・。ちょっと照れちゃいますが・・・。
「口もと脂肪診断医」の認定のある、おばちゃん歯医者ナカシマです。
しっかりと、施術させていただきます。

口腔内外の変化により、表面に位置する脂肪が「ダブつく」現象はよくありますね。

口角の横とか、いわゆる二重アゴとか。

例えば加齢が要因の一つだったとしても・・・
時計に針を、戻せるのならそれが一番!!
だけど無理!!

そのような場合、歯科審美治療の一環として、表層のダブつきにアプローチして、何とか「辻褄を合わせる」。
脂肪を溶解して、なっかたことに^。^!

脂肪溶解注射。初期のものと比べると、はるかに苦痛の少ない薬剤になりました。
「痛い」が代名詞であったものが、今や「本当に、楽!。痛くな~い」です。
なおかつ治療に際しては、麻酔クリームを塗布できますし、薬剤に麻酔薬も入ってます。
すなわち、穏やかな薬剤にくわえ、処置もより苦痛のない配慮を加味しているわけです。

私は、歯医者なので・・・
その領域を超えたことは、無論できないのですが。
私たち「歯科医師」の領域では、より皆さまの満足とお幸せのために尽力したいです。
歯科治療による、顔貌の回復。これも重要なミッションのはず。

そんなこんなで、脂肪溶解注射「デンタスリム」、はじめました。

「なに?なに?それ~?」、「どんな感じなの~?」
などなど、お思いの皆さん!!
お気軽に、おばちゃん歯医者ナカシマ(実は体験者。溶解済み。溶かしちゃったもんね!!わ・た・し)まで!!

大きい声で話辛かったら、ひそひそ声でどうぞ。
うちは、すべて個室診療なので大丈夫ですよ^・^!。



   

カテゴリー: ブログ
admin @

いよいよ六月

2017年06月01日 12:53 PM

さて、六月が始まりました!!

紫陽花(ナカシマ大好きな花)の季節。
梅雨(ナカシマ好きじゃない)の季節。
半袖始まり(ナカシマ暑がり!)の季節。

そして、歯医者業界では、むか~しからなじみのある・・・
元「虫歯予防デー」の季節。
で、ありま~す。

なぜ、「元」なのか?
それはね、最近、「歯と口腔の衛生週間」と言うからなんです。

確かに、「歯科」「歯医者」の扱う範囲って、「歯」のみにあらず。
イメージよりも広範囲なのかもしれないですね。

「歯」でしょ、「歯ぐき」でしょ・・・
ここまでは、有名な話ですね。

あとは・・・
歯ぐき以外の「粘膜」。例えば、ほっぺの内側とか。舌とか。
私たちの専門用語では、そのあたりのことを「軟組織」とか言ったりします。
「歯」やその周りの「骨」と言った、「硬組織」と区別してるわけです。

それに、顎の関節や、かみ合わせ関連に筋肉、唇・・・
も私たち歯医者の専門領域だったりします。

「虫歯予防デー」では、表現不足。ということなのでしょうね。

おばちゃん歯医者ナカシマとしては、この旧来の言い方の方が、好きなんですけど。
これも時代の流れってことで。

でも、重要なコンセプト。
この時をきっかけに、お口の中に関心を持っていただき、「かけがえのないご自分を、どうぞ大切に」。
これは、普遍のものだと。
おばちゃんは、明日の希望を見つめてしまうのです。

   

カテゴリー: ブログ
admin @




ページアップ