セントラルアイランドデンタルオフィス > 2018 > 5月

診療時間
医院案内
map

〒101-0052

東京都千代田区神田小川町3-24-1

カスタリアお茶の水1階

TEL:03-3292-0740
小川町駅・御茶ノ水駅・新御茶ノ水駅・神保町駅から徒歩5~8分

詳細地図へ >>

セントラルアイランドデンタルオフィス

ヒデキ(泣)

2018年05月26日 2:54 PM

先週は、悲しいニュースがありました。
西城秀樹さんの訃報。

寂しいな。
そして、また昭和の星が・・・

西城秀樹さん。
おばちゃん歯医者ナカシマは、幼少時に、忘れられない思い出があるんです。

それは、おばちゃんナカシマがまだ5歳。可愛いあっこちゃんだったころの話です。

当時、地元荻窪のレコード店新星堂では、地下のホールにて歌手のミニコンサートが開催されていました。

夏のある日、西城秀樹さんがコンサートすることになり、母に連れられ行きました。

黄色い声のお姉さん方がいっぱいで、5歳のあっこちゃんは、おそらく最年少。
お昼に駅前のマクドナルドのお姉さんからもらった、紙の帽子を頭にのっけて、リズムに合わせて手拍子。
幼児の体の小ささを生かし、うまーく最前列に潜りこみ、ご機嫌でした。
全身で熱唱するヒデキに、気分が高揚、なんとなく目くばせをしてもらってる。なんか楽しいな。

そして、曲の合間のトークの時!!
ヒデキさん、くるっとあっこちゃんに体を向け。。。
 「ママと来たの? お嬢ちゃん可愛いね。おいで、抱っこしてあげる」本当に優しい笑顔でした
会場のお姉さま方
 「いや~、ずるーい!!」
ヒデキさん
 「いいじゃない!!、まだ小さいんだから」
 そしてまた「おいで!」それはそれは優しい目でした。

5歳のあっこちゃんの胸には、
 「ママが、知らないおじさんには、絶対ついて行っちゃダメって。」天下のアイドルが知らないおじさん・・。無礼でスミマセン。
 「妹のよっこがいるから、あたしはもう大きいの。お姉さんなの」要は、プライドが傷ついた。身の程知らずでスミマセン。
との思いと葛藤が生まれてしまい。
頭がパニック。そして「ママー」と逃げ込んだのでした。

ヒデキさん「あーごめん。怖かった? 泣かせちゃった・・・。ごめんね」最後のフォローまでなんと優しい。

当時、西城さんはまだ22~23歳くらいでしょうか?
その時すでに、それだけ優しくて子供好きで・・・
そのような方が、もっと成熟して我が子を持ったなら・・・
どれだけ可愛いくて可愛くて、どれだけ愛しくて愛しくて。
ご自分がどんな状況であれ、いつ何時でも、際限のない無限大愛情と想いを注がれたんだろうな・・・
その優しさと生きる姿勢が、ご家族に留まらない様々な人々の心に大きな遺産を残して下さったんだろうな・・・

なんて考えてしまいました。

おばちゃん歯医者ナカシマは、これからもずーっと、カレーはバーモントカレーにします。

西城秀樹さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



   

カテゴリー: ブログ
admin @




ページアップ